メールでのお問い合わせはこちらから
  • 0120-56-2982東京本社
  • 0120-25-2982大阪営業所
  • お気軽にお問合せ下さい。(ご相談は無料です。)
  • 営業時間 / 9:00-18:00(月曜日~金曜日)

データ復旧サービス

パソコン講座

データ復旧サービス

パソコン講座

初心者のためのパソコン講座

バスパワーとセルフパワー

機器を動作させる際の電源供給の方法には、バスパワーとセルフパワーいう2種類の方法があります。転送速度には大きな違いはありません。また、USBハブには、バスパワー・セルフパワー兼用のものもあります。

バスパワー
USBケーブルを経由して、消費電力の少ない機器に電力を供給することができる。供給できる電力は、電圧5V、電流500mA、電力2.5Wまでです。USBバスパワーは、パソコンにスマートフォンやタブレット、デジカメなどをUSB接続して充電しながらデータの送受信ができます。
セルフパワー
専用アダプターを使用して、消費電力が大きい機器に電力を供給する方法。セルフパワーは、安定した電源供給が可能です。プリンタやスキャナー、コンセントからの電源供給なので外付けHDDなどを接続することが可能です。
持ち運びに便利なバスパワー

バスパワーは、PCのUSBポートにUSBケーブルや端子を接続し、電力も供給する方法です。ACアダプタが不要なので持ち運びに便利です。

図:1
キーボード、USBメモリー、マウスなどの消費電力が少ない機器に電力を供給するのに向いているバスパワー
図:1
キーボード、USBメモリー、マウスなどの消費電力が少ない機器に電力を供給するのに向いているバスパワー
消費電力が大きい機器を接続できるセルフパワー

周辺機器でバスパワーでは電力が足りないものは、セルフパワーです。コンセントから電源をとるものは、全てセルフパワーになります。3.5インチのHDDが内蔵された外付けHDDやパソコン、プリンター、液晶ディスプレイなどを接続できます。

図:2
外付けHDD、スキャナー、プリンタなどの消費電力が大きい機器に電力を供給するのに向いているセルフパワー
図:2
外付けHDD、スキャナー、プリンタなどの消費電力が大きい機器に電力を供給するのに向いているセルフパワー

セキュリティ

セキュリティについて

当社ではお客様の情報を適切に管理・保護することを重要な社会的責務と考え、セキュリティの強化に努めております。

図:2
国際標準規格であるISO27001情報セキュリティマネジメントシステム
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
データ復旧のご相談は無料で承ります。
お気軽にご連絡下さい。

営業時間 / 9:00-18:00(月~金)

^