メールでのお問い合わせはこちらから
  • 0120-56-2982東京本社
  • 0120-25-2982大阪営業所
  • お気軽にお問合せ下さい。(ご相談は無料です。)
  • 営業時間 / 9:00-18:00(月曜日~金曜日)

その他のメディア復旧

その他の復旧

その他のメディア復旧

CDやDVDの復旧について

CDやDVDは光学レーザーを使用することから光学メディアと呼ばれています。光学メディアは円盤の形をしていて、キラキラと光っている面を「記録面」と呼び、この面にデータが記録されます。記録面側には透明な樹脂層がありその下にデータを記録している記録層があります。市販のCDやDVDは、記録面に微細な凹凸をつけることでデータが記録されます。スタンパー(原版)を押し当てることで大量の製品を製造することから、『CDをプレスする』などと言います。音楽や映像は、光学ドライブのレーザー光の反射率が凹凸によって異なることをで読み取る仕組みになっています。

ライトワンスメディアとリライタブルメディア

ライトワンスメディア

記録用のレーザー光を当てて変化した部分の反射率が変わることを利用して、記録面の色素を変化させることでデータを書き込むCD-RやDVD-R、BD-Rなどのメディアはこの色素の反射率の違いからプレスした時の凹凸を再現しています。この色素の変化は不可逆的なものなので一度しか書き込みができず、「ライトワンスメディア」と呼ばれています。

ライトワンスメディアの書き込みは一回限り
ライトワンスメディアの書き込みは一回限り
リライタブルメディア

CD-RW、DVD-RW、BD-REなどのメディアはレーザー光で色素を変化させる仕組みは一緒なのですが、結晶構造の変化を利用しているため、色素を元の状態に戻し再びデータを書き込むことができます。 しかし、結晶構造の変化を繰り返すことで色素が劣化していくので、書き換えの回数には限度があります。

リライタブルメディアは複数回の書き込みが可能
リライタブルメディアは複数回の書き込みが可能
光学メディアのデータ復旧の際の注意点

CDやDVDなどのメディアの障害で一番多いものは、記録面の傷です。CDやDVDなどの記録メディアは光の反射を利用してデータの読み書きをしていますが、その反射が正常に出来なくなるほどの傷がある場合、データが読めなくなる場合があります。 その他に、論理的に障害を起こしてしまうケースもありますが、こちらは、データが破損しているわけではないので、データの復旧が可能です。光学メディアに障害が発生してしまった場合は、専用のケースなどに収納し、記録面を保護してください。DVD-Rなどに追記をしている場合、書き込みに使うアプリケーションは 同じものを使用してください。ファイナライズの際に違うアプリケーションを使用すると、データが開けなくなる可能性がありますのでご注意下さい。

セキュリティ

セキュリティについて

当社ではお客様の情報を適切に管理・保護することを重要な社会的責務と考え、セキュリティの強化に努めております。

国際標準規格であるISO27001情報セキュリティマネジメントシステム
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
データ復旧のご相談は無料で承ります。
お気軽にご連絡下さい。

営業時間 / 9:00-18:00(月~金)

^